一度の浮気なら離婚原因にならない!?

一度の浮気で離婚できるのでしょうか?
一般的には一度きりの男性の浮気では離婚までいかないことが多いようです。

一度の浮気

 

裁判所は原則として民法770条に規定された正当な理由がない限り離婚は認めません。

 

その正当な理由としての一つとして、「配偶者が浮気をしたとき」があります。

 

 

そのため、妻が離婚を裁判所に請求すれば認められるようにも思えます。

 

ですが、偶発的な1回だけの浮気では該当せず、継続的な肉体関係がある場合にはじめて該当するとしているようです。

 

信頼と愛情を失った夫婦は無理に結婚生活を続けるより離婚したほうがいいという考え方が増えたとはいえ、たった一度の浮気で離婚を認めるのは酷です。

 

 

たとえ、裁判になったとしても、他に離婚を正当づける理由がないかぎり、裁判所は離婚請求を棄却するのではないかと思います。

 

裁判所では判決までの間に、別れるにしろやり直すにしろ、夫婦でもう一度よく話し合うように和解をすすめることも多くあります。

 

同じ男性としては、一度きりの偶発的な浮気なら、妻に浮気を追求されてもとぼけてしまうに限ります。

 

 

もちろん、浮気をしたことは反省すべきですが、妻が半信半疑で追求してきた場合、離婚を防ぎ、夫婦関係を円満なまま続けるには嘘も必要でしょう。

 

特に夫婦などの男女関係では、潔いことが必ずしも正しいとは限りません。

 

もし、一度きりの浮気が妻にバレた場合ならやり直しが可能だと思います。

 

 

妻が実家に帰って話し合いに応じてくれなくても、親族や親しい友人、あるいは仲人さんに間に入ってもらうなどして、積極的に会う機会を作るべきです。

 

ただ、「なんといって謝ればいいのか」「こういうことを言ったら怒るのではないか」など、自分の行動や言葉など、女性がどう感じるか知りたいという男性も多いのはないでしょうか。

 

夫婦問題などの男女のことで悩んでいる方は、法的に解決したいというよりは、相手との感情の対立をどうにか和らげたいと思っていることがほとんどだと思います。

 

 

その気持ちに寄り添い、できるだけ円満に解決したいなら、いまのあなたに必要なのは徹底的な女性目線のアドバイス。

 

知識がないことが原因で相手を深く傷つけたり、裁判沙汰になってしまうこともありますから、迷った時には行動に移す前に相談したほうが安心です。

 

TOPへ

 

TOPへ